FC2ブログ
本文へジャンプ

お釈迦さま  アポア店舗設計 三重県津市

感謝する心、素直な反省の心。その他過剰な「欲」を離れることも、私たちの人間性を高めるため必要になってきます。この貪欲というものは実にやっかいなもので、人間の心の根深いところに抜きがたく住みつき、人間をむしばんで、私たちの生きる道を誤らせる「毒」となるものです。
お釈迦さまは、そのような欲にからめとられやすい人間の実相について、次のようなたとえ話を語られているそうです。少し長くなりますが紹介してみましょう。
「秋も深まったある日、木枯らしの吹く寒々とした景色の中を旅人が家路を急いでいます。ふと見ると、足もとに白いものがいっぱい落ちている。よく見れば、それは人間の骨です。なぜ、こんなところに人の骨が・・・・と気味悪く、不思議に思いながら先にすすんでいくと、向こうから一頭の大きな虎がほえながら迫ってきます。
旅人はびっくり仰天し、なるほど、この骨はあの虎に食われた哀れな連中の成れの果てかと思いながら、急いできびすを返して、いま来た道を一目散に逃げていきます。
しかし、どう道を迷ったものか断崖絶壁に突き当たってしまう。崖下は怒濤を逆巻く海。後ろからは虎。身体窮まって、旅人は崖っぷちに一本だけ生えていた松の木によじ登ります。しかし、虎もまた恐ろしく大きな爪を立てて松の木を登り始めている。今度こそ終わ終わりか観念かけましたが、目の前の枝から一本の藤づるが下がっているのを見つけ、旅人は藤づるをつたって下へ降りていきました。しかし、つるは途中で途切れており、旅人は宙ぶらりんの状態になってしまいます。
上方では虎が舌なめずいしながらにらんでいる。しかも下をよく見ると、荒れ狂う海には、赤、黒、青の三匹の竜が、いまにも落ちてきそうな人間を食べてやろうと待ちかまえています。さらに上のほうからガリガリと音がするので、目を上げると、藤づるの根もとを白と黒のネズミが交互にかじっている。
そのままでは、つるはネズミに噛み切られて、旅人は口を開けている竜めがけてまっさかさまに落下するほかありません。まさに八方ふさがりの中で、旅人は何とかネズミを追い払うべく、つるを揺すってみました。すると、何か生ぬるいものがほほに落ちてくる。なめてみると甘い蜂蜜です。つるの根もとのほうにハチの巣があり、揺さぶるたびに蜜が滴り落ちてくるのです。
旅人はその甘露のような蜜の味のとりこになってしまいました。それで、いまの自分が置かれている絶体絶命の状況も忘れて、、、虎と竜のはさみ打ちにあい、たった一本の命綱であるつるをネズミにかじられているにもかかわらず、何度も何度もその命綱を自らゆすぶっては、うっとりと甘い蜜を味わうことを繰り返したのです。
これが欲にとらわれた人間の実相であると、お釈迦さまは説いておられます。それほど切羽詰まった危機的な状況においこまれてもなお、甘い汁をなめずにいられない。それが私たち人間のどうしようもない性であると述べておられます。
ロシアの文豪トルストイがこの話を知って、「これほど人間(の浴深さ)をうまく表現した話はない」と驚き、関心したといわれていますが、たしかに人間の生き様、あるいは人間のもつ欲望の根深さを表現したたとえ話としては、これ以上のものはないように思えます。
ちなみに、虎は死や病気を表しています。松の木はこの世での地位や財産や名誉を表し、白と黒のネズミは昼と夜、すなわち時間の経過を表しています。絶えず死の恐怖に驚かされ、追われながらも,生にすがろうとする。しかし、それは一本の藤つるほどに頼りないものでしかない。そのつるも時間とともに磨耗していき、私たちは年々歳々、逃げてきたはずの死に地被いていくのですが、それでも自分の寿命,生命を縮めてでも「蜜」を欲しがる。そんなあさましさほどの欲望といったときも縁の切れない存在。それが人間の懲りない実相だとお釈迦さまは教えているわけです。
アポア店舗設計 三重県津市
スポンサーサイト



テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

 | HOME | 

Calendar
« | 2010-10 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Plofile

apoa

Author:apoa
新築、店舗設計施工、エクステリア、ガーデンニングの設計施工をしているアポアです。自己啓発や店舗デザインの紹介、お店の運営状況をレポートします。新築リフォームページhttp://apoastyle.com/店舗設計施工http://apoa.tv/ガーデンエクステリアhttp://apoa.bz/全体紹介ページhttp://apoa.jp/

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Monthly
Categories
RSS Feed
Link
QR code
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

APOA+オフィシャルリンク
  • Kyo Style トータルプロデューサー 浜田強ブログ
  • APOA+blog
  • WebShop
  • APOA

↑このページの先頭へ