FC2ブログ
本文へジャンプ

ネガティブフィードバック 店舗設計アポア

ハーバート・トゥルー博士が、
次のようなことを言っていたそうです。
営業マン
44%が1回目の電話であきらめる。
24%が2回目の電話であきらめる。
14%が3回目の電話であきらめる。
12%が4回目の電話であきらめる。
全部足すと、
94%のセールスマンが、
4回目の電話までで、
あきらめていることになります。
しかしすべての販売活動の60%は、
5回目以降の電話で成立していると言うのです。
つまり、すべてのセールスマンの94%が、
セールスのチャンスの、60%を逃していることになります。
私たちがどんな分野であれ、
成功することは、
それと同じです。
あきらめなければ、必ず成功します。
成功するためには、
失敗を繰り返すことが必要です。
いいえ、失敗ではなく、
ネガティブ・フィードバックというべきでした。
ネガティブ・フィードバックとは、
例えば、
バスケットボールを、
バスケットゴールに向かって、
シュートしたとします。
しかし、ボールはバスケットに届く前に、
勢いを失って、
床に落ちてしまいました。
これはどういうことを意味するでしょうか?
シュートを打つ力が、
弱かったということですね。
このシュートを打つ力が弱かった、と言う事実が
ネガティブ・フィードバックなのです。
ネガティブ・フィードバックとは、
次に成功するための、大切な情報と言えます。
つまり、次は、それよりも
もう少し、強く打つべきだということを、
教えてくれている訳です。
ですから、シュートを続けていれば、
いつかはゴールに入るのです。

具体例を挙げてみましょう。
もうすぐ、60歳になるというのに、
ホノルルマラソンで、
完走するという目標を立てたとします。
しかし、実際には
2日に1度、2キロほど、公園を歩いているだけです。
あきらめないで、ホノルルマラソンに出るまで、
練習を続けるにはどうすれば良いのでしょうか?
私たちは、ついつい現実に引っ張られて、
やっぱり、それは無謀な夢だと思いがちです。
それは、現実だからです。
今それを見ているからです。
将来の、まだ実現していない夢を、
追い求め続けるためには、
ホノルルマラソンで走っているイメージを、
「臨場感」を持って、描かなければなりません。
潜在意識に、頭の中で今想像していることが
事実だと思わせることができれば、
潜在意識は、ホノルルマラソンに出るまで、
主人を支え続けます。
そのためには、
ホノルルマラソンに出ているイメージを
「臨場感」を持って、
つまり、今ホノルルで走っているかのように、
鮮明に見なければならないのです。
最初は、おぼろげかも知れませんが、
毎日続けていると、
徐々に、慣れて来て、鮮明に見ることができます。
慣れればできます。
続ければいいだけです。
成功するために、
成功したシーンを、
毎日イメージしましょう
あなたはどんなシーンを、
臨場感を持って見たいですか?



スポンサーサイト



テーマ : 感謝をこめて - ジャンル : 心と身体

 | HOME | 

Calendar
« | 2010-08 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Plofile

apoa

Author:apoa
新築、店舗設計施工、エクステリア、ガーデンニングの設計施工をしているアポアです。自己啓発や店舗デザインの紹介、お店の運営状況をレポートします。新築リフォームページhttp://apoastyle.com/店舗設計施工http://apoa.tv/ガーデンエクステリアhttp://apoa.bz/全体紹介ページhttp://apoa.jp/

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Monthly
Categories
RSS Feed
Link
QR code
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

APOA+オフィシャルリンク
  • Kyo Style トータルプロデューサー 浜田強ブログ
  • APOA+blog
  • WebShop
  • APOA

↑このページの先頭へ