本文へジャンプ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいさつが大事だと思うその心が大事 人にとっての大切なもの

あいさつが大事だと思うその心が大事

挨拶についてお話します。挨拶をちゃんとやろうといことで指導してきた経験から、わかったことがあります。
実は、毎年こんな傾向があったんです。
はじめは、みんなちゃんと一生懸命やってくれるんですよ。
ところが、だんだんと、廊下すれ違って、こっちがあいさつしても返してくれないとか、声をかけても振り向いてもくれなくなってくる。なんて学生が出てくるんです。数年前まで、毎年そうでした。不思議ですよね。初めは、やってくれるのに、どうしてだんだんできなくなってしまうのだろう?ってずっと疑問に思っていました。でひとつ出た答えがあります。それは、私の指導の仕方に問題があったのです。私は、それまでは、「あいさつの仕方」を教えていただけなのです。本当は、教えなきゃいけなかったのは。「あいさつの心」だったんです。「あいさつの心」を理解していれば、放っておいても、どんどんあいさつは上達するはずです。少なくても。「昨日より今日のほうができなくなる」なんてことは、ないはずです。
やり方だけ教えると、みんな、「先生が見ていないところではやらない」とかだんだん「恥ずかしい」「めんどくさい」となっちゃうじゃないですか。きっとみなさん、幼稚園や小学校の頃は、本当に元気なあいさつをしていたと思うんですよ。うるさいほどの大声で。ところが、中学、高校と、だんだんあいさつできなくなる人って多いですよね。不思議ですよね。普通、成長するにつれて、何でもだんだんうまくなるものですが、あいさつに関しては、どんどんできなくなっていくんです。で、私は、ひとつの答えとして「あいさつが大事」なんじゃなくて「あいさつが大事だと思う心が大事」なんだってことに気がつきました。「あいさつって大事だよな」と思う心を持っている人だったら、このあと、あいさつができなくなるなんてことは、ないはずなんです。だから、私は、それ以来、どうしたらみんなに「あいさつの心」を伝えられるかということを考えて、こうやって授業をしています。
うまくいかない組織には共通点がある
ひとつある経営コンサルタントの方から聴いた面白い話があるんです。
経営コンサルタントっていうのは、いろいろな業種のいろいろなノウハウを持っている人です。「こうやれば売上があがる」とか「こうやれば会社がうまくいく」というノウハウをたくさん知っていて、いろいろ会社にそのノウハウを教えて、「こうするとうまくいきますよ」というアドバイスをしてあげるんですよね。そのコンサルタントの方がずーと気になっていたことがあるそうなんです。それは、「こうすればうまくいきますよ」というノウハウを、ある会社にもっていてやってもらうと大成功するのに、別の会社に持っていくと、全然うまくいかない・・・ってことがあるんですって。同じノウハウなのに、なんで、うまくいく会社と、うまくいかない会社があるんだろう?ってずーっと思っていたそうです。で、最近やっと答えが出たそうです。それは、不思議なことに、「組織の中で・・・会社の中で、社員同士、気持ちのいいあいさつができないところに、どんなノウハウを持っていっても、うまくいかない」ってことだそうです。
ノウハウって「やり方、手法」のことなので、ある意味「形」なんです。だから、形だけで真似すれば、うまくいくような気がするじゃないですか。だけど、あいさつができないような組織には、どんなにいいノウハウをもっていってもうまくいかないんですって。
あいさつとは相手に心を開くこと
で、今度はその話を、私が尊敬する木下晴弘さんが分析していました。
「なぜ、あいさつのできない組織にすばらしいノウハウを持っていってもうまくいかないか」という話の前に「あいさつ」とは何かというところから説明しないといけません。
木下さんが言うには、「あいさつとは、相手の存在を認め、相手に対して心を開くこと」なんですって。
ですから、逆に言えば「相手からあいさつをされれば返すけど、自分からはしない」というのは「相手を無視している、存在を認めていない」ということになるんです。もちろん心を開いていない状態です。
で、結局、組織の中であいさつができないっていうことは「その組織の中のひとりひとりが同じ組織のみんなに心を開いていない」っていうことなんです。そして、必ず開いていない人っていうのは、どんないい話でも、どんないいノウハウでも「そんなこと言ったって、うまくいくのか?」という気持ちで聴いているわけですよ。そんな気持ちでいやいや行動したって効果がでないのは当たり前ですよね。あいさつのできる組織なら、誰に対しても心を開いているわけですよ。心を開いて人の話を聴くことができれば「あ、なるほどそうか・・それなら、ちゃんとやってみよう」って思うことができるわけです。みんながそう思ってやってくれるような組織だったら、そのノウハウは一気に生きてくるんですね。
これは人間も一緒です。常に心を閉じて、人の話を聞くにも、「そんなこと言ったって、そんなうまくいくわけないよ・・」って思っている人は、なかなか成長できません。でね、人に対して心を開けない人は、人からも心を開いてもらえないんです。逆に、人に対して、いつも気持ちのいいあいさつをして、心を開ける人は、他の人も心を開いてくれますよ。私も卒業生を何百人と見てきましたが、心を開いてくれる学生に対しては、やはり「なんとかしてやりたい」という気持ちになりますよね。でも、何度も何度も言っても言うことの聴かない、心を開いてくれない学生に対しては「この子には、何を言ってもわかってもらえないんだ・・・これ以上言っても無駄なのかも」って思ってしまうことが、どうしてもあります。すごく悲しい気持ちになります。それに、そう思われてしまったその子は、幸せとは言えないでしょう。
まず、自分から
これは、就職した後も同じです
上司に注意されても、心を開いていなければ、上司は何も注意しなくなりますよ。
だから、自分から心を開かなくてはダメですよ。ここでこうこと言う人いますよ。
「あいつが心を開いてくれれば、自分だって心を開くのに」あいさつも一緒じゃないですか。「先生があいさつしてきたら、するよ」というのは、「あいつが俺に対して心を開いてくれれば、俺だって心を開いてやるよ」というのと同じです。これね、うまくいかないんですよ。
「まずは自分から」自分から心を開かないと、周りの人も心を開いてくれないです。
周りの人が、心を開いてくれなかったら、自分が心を開いていないということです。周りの人が親切にしてくれなかったら、それは自分が周りの人に親切にしていないっていうことです。周りの人が、あいさつしてくれなかったら、自分が、周りにあいさつをしていないというだけのことです。
本物のあいさつとは
「自分から、相手の目を見て、大きな声で、笑顔で」私が考える「本物のあいさつ」はこれです。
あいさつでは、「自分から」というのが、一番大事だと思っています。
自分から言えなかったら、レベルとしては半分以下かなっと思っています
勇気を持って「自分から」してほしいですね。「自分からあいさつをしても、もしかしたら、相手はしてくれないかも・・・」と考えると、ちょっと勇気がいるじゃないですか。
でもね、その勇気が大事なんだな。ぜひ、先生にだけじゃなくて、友達に対しても、自分からあいさつしてほしいなと思っています。そしてね。「相手の目を見て」これ重要です。自分からあいさつしてくれる人は、たいてい目を見て言ってくれるので、OKなのですが、自分からあいさつできない人は、私があいさつしても、私の方を向かずにあいさつする人結構いるんです。「あいさつは、その人に対して心を開くこと」ですからその人の目を見ずして、どうしてその人に心がひらけるんですか。だから「その人の目を見て」あいさつをしなきゃダメです。さらには、それが気持ちの良い大きな声で、さらに、それが笑顔だったら理想ですよね。
あいさつまわりで周りの世界が変わったM君
あいさつに関して、こんな風に言う人がいます。「あいさつは、人が人として生きていくうえで、最も大切な流儀です。」さらには、「あいさつは自分を変える。自分が変われば周りの世界が変わる」なんていう人もいます。でね。「あいさつは自分を変える。自分が変われば周りの世界が変わる」っていうのはね、これ、ホントです。

公務員を目指すM君という学生がいました。
公務員試験っていうのは、一次試験は筆記で、二次試験は面接なんです。M君は頭が良くて、一次試験はほとんど合格、3つか4つ受かりました。ところが、面接試験で全部落とされたんです。普通、一次試験で3つか4つ受かっていれば、次の面接試験で少なくともひとつくらいは受かるんですよ。で、もう一度公務員試験に挑戦すると言って、2年目にチャレンジしていたのですが、私はM君に聞きました。「どうしたら、今年、面接試験に合格できると思いますか?」そしたら、その子は分かっていましたね。
「自分が人間的に変わらなかったら、面接試験に合格できないと思います」
って言ったんですよ。私も実はそう思っていたんです。例えば、M君は、あいさつもしっかりできなかたんです。授業も平気で寝てたり、出席率も悪かったり。人間的に成長しなかったら面接試験に合格できないと私も思っていたのですが、本人もわかっていたんです。
で、自分から「今年は人間的に成長したい」と言った。その言葉が嘘じゃなかったんですね。2年目、あいさつが出来るようになったんです。本当に。
するとM君は、こんなことを言ったそうです。「今年、先生たち、なんだかみんな親切なんだけど」別にひいきするとか、そういうわけじゃないです。でもね、それはね、当たり前のことなんです。あいさつがひとつできるようになっただけで、印象がまったく違うんですよ。実は、職員室で彼の話はしょっちゅう出ていました。「今年のM君は、どうしたんですか、だいぶ違うじゃないですか。あいさつ、すごく気持ちいいじゃないですか」「今年のM君は遅刻もしないし、授業態度もいいですね」そんな話を先生みんなでするんですよ。
M君が1年目の時は、例えば職員室に来て、「先生、ちょっと○○の問題ほしいんだけどー・・・。」なんて言ってきてもあいさつもできない、授業態度も悪いなんていう状況でしたから、先生たちも忙しいときは「あ~。ごめんね、今、担任の先生いなくてわからないから、また後できてくれる?」なんていってしまうんですよ。これが、2年目になって,M君がそんな風に自分を変えようと一生懸命にがんばっている姿を見ています。すると先生たちは、たとえ忙しくても、自分の仕事を後回しにしてでも、「あいつのために、なんとかしてやろう」っていう気に自然となるんですよ。人間だから。
「よし、ちょっと待て、何の問題だ?コピーしてやるから」となるんですよ。それを当然本人も感じますよね。「今年、先生たちの態度が違う」でも、それは、M君が変わっただけのことですよ。別に先生たちが「今年は優しくしてあげましょう」なんて決めているわけでもなんでもないのに、自然とそうなってしまうんですよ。まさに「自分が変わると周りの世界が変わる」んですよ。
あいさつの心があれば、いい仕事ができる
朝、誰かと会ったときに大きな声であいさつする。授業の最初と最後にキチッとあいさつするーあいさつってそれだけじゃないと思いますよ。
さらに突き詰めていくと、人に物を頼むときとか、自分が何か間違いや失敗をしてしまったときにキチッと謝るとか、人から何か親切にしてもらったときに心をこめてお礼を言えるかとか。ここは、すごく大事ですよね。もし「面接試験のときだけ、きちんとすればいいや」とか考えている人がいたとしたら、それは大きな間違いです。
普段から、誰に対しても気持ちのいいあいさつをしていないと、ここぞって言うときのあいさつは、やっぱり出ないんですよ。
だから、普段からやってほしんですよ。意識して。それに、ホントにいいあいさつって、知らず知らずのうちに、得していることが多いんです。
親のあいさつが子どもを幸せにする
私には、今、保育園に通っている息子がいます。毎朝保育園に息子を預けに行くと、保育園の先生があいさつしてくれますが、それはすごく気持ちいいですね。さすがです。
で、他の親御さんも子どもを預けに来ています。私はもちろん、全員に「おはようございます」ってあいさつをしています。そのときに返ってくる親御さんたちのあいさつは、いろいろですね。中には、目線も合わせず、下を向いたままで一応言うって人もいます。それを見て思うのは、みなさんには絶対にそんな風になってほしくないなということです。親があいさつできなかったら、子供も同じようになりますよ。逆に、親が気持ちいいあいさつをしていれば、絶対に子供もあいさつできるようになります。
みなさんの子供も、いいあいさつできれば将来、絶対幸せになれるような、そんな気がします。毎日、あいさつを交わす家庭って、それだけで気持ちいいし、幸せじゃないですか。それに、家庭でちゃんとあいさつが出来るってことは、家庭がそれぞれを認め合っている証拠だから、ちょっと何か問題が起こっても大丈夫なんです。そういうものなんですよ。

あいさつとは、1 自分の心を開くこと 
       2 相手を認めること。
       3 人として生きていくうえで最も大切な流儀
だから、あいさつができると
1、 相手も心を開いてくれる
2、 相手も自分を認めてくれる
3、 周りの見る目が変わる

・ あいさつが大事だと思うその心は大事
・ 社員同士あいさつができない会社に、どんなにいいノウハウを持っていてもうまくいかない
・ あいさつをすると、相手の存在を認め、相手に対して心を開くことができる
・ 周りの人があいさつしてくれないのは、自分が周りにあいさつしてないというだけのこと
・ あいさつは自分から、相手の目を見て、大きな声で、笑顔で
・ あいさつは、人として生きていくうえで、最も大切な流儀
・ あいさつは自分を変える。自分が変われば周りの世界が変わる
・ 親があいさつをすると、子供を幸せにできる

比田井 和孝書
スポンサーサイト

テーマ : 地域情報 - ジャンル : 地域情報

原発のゆくえと、日本のゆくえ 三重県伊勢市長と岩上安身氏の講演会 

伊勢市長講演会 045
伊勢鈴木市長と岩上安身氏のディスカッション原発のゆくえ、日本のゆくえという題名で講演会がありました。
内容をツィッターでまとめてみました。

ソーシャルメディア革命。ツイッターの力。今、10万人のフォロワーがいる。岩上安身氏の話


ユーストリームでこの講演会は発信されている。岩上安身氏。伊勢市の講演会
マスコミに情報が編集されてしまうが、ツイッターやユーストリームならダイレクトに聞ける。フジテレビの特ダネなどに出演している岩上氏。

原発。メルトダウン。炉心溶融。海外では、以前からメルトダウンの指摘があった。自衛官のメールでは、全て溶けた。みんな逃げろのメールを知り合いに出している。

保安員の中村審議官が、原発が溶けていると指摘を最初からしている。枝野官房長官は知らんふり、枝野はウソを言っている。火星に行くかみたいなフル装備で現地にいっている。岡田幹事長も同じ事をして現地にいっている


東電は意図的に、情報を隠蔽している。政、官、財、メディアは、グルだから、この方式をかえないかぎりダメだ。震災前に、手動で止めている。報告すら、曲げている。発表は鵜呑みにいてはいけない。4月12日に、菅総理に聞いた。その時は、浜岡は停止するつもりないと話す。

原発をつづけている意味があるのか?電気量が不足すると脅しをしている。ピークをずらせばいい。家庭のエアコンはかなり小さい。産業用の電力消費の方が大きい。火力発電を7割程度まで上げれば、電力はカバーできる。立命館大学、大島氏のデータ原子力委員会にだした書類。原子力と陽水をあわせて計算する方法が本来だが、曲げて報告している

原発は、財政支出もかなり、他と比べると高い。バックエンド費用は、18兆8800億円かかるが9000億円くらいの、生産性しかない。利権にぶら下がっているために、やめられない。報道の責任だ。東電から多額の広告費用をもらっている。スポンサーに都合の悪いことは言えない

鈴木健一伊勢市長。岩上安身氏。市長は36歳。浜岡原発と同級生。国会の議員秘書をしていた。原発反対派になってもなんら問題ない。警報、注意報の時は、市役所に缶詰になる。国際基準を変えた日本に、世界の目は厳しい。基準を急に変えた日本。国は基準を守れない


浜岡原発は危ない。原発は海水が必要だから、沿岸沿いにある。伊方原発は、浜岡についで危ない。原発委員会でも、浜岡は危ない発言がある。鈴木市長。海水を入れつづけた、吉田所長。命令系統ができていない。法律は、機能していない。自治体にはなんの権限もない


原子力基本法。自治体は電力会社と協定しか結べない。10キロ圏内しか、東京電力と自治体と協定を結んでいない。東電は、1社独占なのに、マスメディアに、広告費用を出している。それは、全部国民に負担をさせているのと同じ。今は地方分権の時代になってきている

地方はどうしていくのか!が問題。伊勢市長鈴木健一氏。人口は少なくなる分、エネルギーも少なく。高齢化率は50パーセントになる可能性がある。それに、追随するエネルギーでよいのではないか。高齢小子化問題で、現在の子供出産事情は、二人目、三人目中絶が多い。産みたいけど、埋めない人もいる。「岩上氏」


省エネは、経済にマイナスにはならない。伊勢市長鈴木健一氏。地域ごとに戦争前は、600社くらい、電力会社があった。電力の地産地消。送電網を国が買い入れる。スマートグリッドがこれからでてくる


20ミリシーベルトにこだわる理由。行政は不可解。避難させるのにお金がかかる。悪の発端は、財務省が大きな絵を書いている。責任は文科省の責任。子供が病気になるのは、官僚はいなくなってから、だからそんな先は関係ない。国は、因果関係は立証できないから、ごまかせるだろうという思惑がある。


人間は、組織防衛が先立つため、なかなかできない。食料はどうする?伊勢市長鈴木健一氏。イタドリ、ヨモギ、タンポポ、などいろいろ食べることができる。遺伝子組み替え、GMとTTP,都市型農園をすすめる。モンサントの市場支配。減反の異常性。減反は必要ない。TTPは絶対にやめさせないといけない

世界の種は、アメリカの特許になっている。放送の収録は、アーカイブは全て出している。岩上氏の放送発信はドネイションで運営できているのは、予想できなかった。これは、メディアをかえるかもしれない。広告、スポンサーにたよっているから、情報が歪められる。商業メディアは、個人の情報網、インターネットにかなわない

マイクロメディアに、電波を開放しろ、岩上安身氏。地元企業が元気になれば、いいと考えている。福島の子供たちが伊勢市にこれないか?被災地にいけば、ダイレクトに顔がみれる、信頼性が必要。ジャーナリストは、客観性がないといけないといわれていた、それは間違い


市民ジャーナリストは、営利ジャーナリストはでてきてほしくないと思っている。でも、これからは、非営利のジャーナリストは必要。。茨城の人。津波対策は、伊勢市の?節電の方法は?体内被爆?体外被爆の考え方は?

防災対策伊勢市。メール配信。楽しく節電に取り組む。月々の電力量を記録する。除湿するなら、冷房の方がよい。冷房の途中で送風を入れると節電になる。ICRP自体があやしい。原発や原爆を作ってきた会社。基準がおかしい。放射能で遺伝子の螺旋がきられていって体か汚染されていく

放射能の基準は、すべてあてにしないようにしたほうがよい。闇市場に食べものが流れないようにすることが先決だ、被災者に手厚い保護が必要の話が前提。岩上安身氏の講演会にて

伊勢市長講演会 047
ボランティアで一生懸命がんばって行われていました。みなさん、日本のためにがんばってください


アポア店舗デザイン設計施工、三重県津市、松阪市、伊勢市、四日市市、名古屋、東京

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

1回や2回、いい話を聞いたからって人生が変わったり、成功したりする訳がない

『小さな蝶番が大きな扉を動かしている』

蝶番(チョウツガイ)とは、
扉を動かすための金具みたいなもの。
全てちょっとした事から、
大きな事が生まれている・・・

例えば、ハンバーガーとか
チョコレートみたいなお菓子を
食べたら、太るし健康に悪い。
でも、食べた直後に太るわけでもなく、
食べた直後に健康を害する訳でもない。
だから、ついつい
食べてしまう。
しかし、長期的に見ると、
こういった小さな簡単な事が
積み重なって、大きな病気や
肥満につながっている。
逆もまた真なりで、
ちょっとした簡単な事。
ちょっとした小さな事。
ちょっとした事でも、あなたの
ゴールに近づく事。
こういった事を
繰り返し、繰り返し
やっていれば、
何年か後には
それは大きな差になっている。
本を1章読むのはとても簡単だ。
セミナーに出るのもとても簡単。
しかし、どれ一つとっても、
次の日から人生が変わるわけではない。
恐らく、次の日には
何も変わっていないだろう。
だから、多くの人は
変化が実際に訪れる前に、
その道を諦めてしまう。
1回や2回、いい話を聞いたからって
人生が変わったり、成功したりする訳がない。
何度も、何度も繰り返して
それが自分の中に入って来てたら
いつの間にかそれが新しい自分になっている。
強調したいのは、
どんな大きな成功も
どんな大きな事業も、
どんなに大きな目標も、
目の前の小さな差から生まれると言う事。
簡単な事をやる。
それを積み重ねる事で大きな事になる。
目の前の簡単な事を
軽く考えてはいけない


テーマ : しあわせの素 - ジャンル : 心と身体

捨てることって難しい

石川遼と言えば、
日本では知らない人はいない
ゴルフ界の大スター。
高校生のころから
プロの舞台に立って活躍している。
早い段階で圧倒的に成功した人
と言っても過言ではないだろう。
では、こんなに早い段階で
成功するには何かの秘訣があるんだろうか?
インタービューの最後に、
父、勝美氏がこんな事を言っていた・・・

***
トッププロである遼が
なんでもかんでも欲しいと言うは無理です。
『18歳になったんだからパチンコをやりたい』
と言っても行かせられないし、
『20歳になったら居酒屋でグデングデンに
 なるまで飲みたい』
と言ってもさせるわけにはいきません。
プロゴルファーは自分で選んだ道なんですから。
***
この言葉から分かるように、
石川遼は捨てている。
色んなものを捨てている。
普通の高校生として友達と飲みに行く事・・・
夜遅くまで、遊び回ること・・・
好きなものを食べたいだけ食べる事・・・
色々なものを捨てている。
そして、自分の選んだ事にだけ
全エネルギーを集中させている。
だからこそ、あんなにも短期間で
誰もがやらやむような成果をあげれた。
成果を上げよう、成功しようと思ったら
必ず、代償が必要になる。
それは、時間の代償であったり
お金の代償であったり、彼の例のように
好きな事をできない代償であったりする。
この代償と言うのは聞いてても
決して気持ちのいいものではない。
だから、あんまりこの代償の話を
する人はいない。
だが代償は必要だ。
代償がなく好きな事だけをして、
成功する、成果を上げる、と言うのは
夢みたいな話である

テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

幸せだから笑顔になるんじゃないんです。幸せになるために笑顔を作るんです.アポアガーデン

幸せだから笑顔になるんじゃないんです。
 幸せになるために笑顔を作るんです。」

そのときは、そうだよな、と思ったのですが、いつしか
その思いも忘れました

笑顔を絶やさないひとの周りには、多くの人が集まって
来ます。そんな状況を見てうらやましく思いながら、
私がそれをできていないことに悩むこともあります。

毎日笑顔で過ごしたいのに、できない状況で
さらに笑顔が出なくなる。

結婚をしたときに、家笑顔が絶えない家庭を作るぞ!!
とありきたりな決心をしても、気づけば些細なことで
妻と喧嘩をし、子どもを叱りつけ、笑顔はどこへやらです。

今の自分の状況に満足できなくて、理想を求めては
無意識にそれを妻や子どもに押しつけるようになって
いました。

『内に秘められた人格
こそ子どもへの最大の贈り物』という言葉は、
とても心の残りました。

子どもは親の内面から出てくる人格を見て育っていく。
だから親の考えや思いは子どもに大きな影響を
与えてしまう。

子どもに良い人生を送って欲しいと願うならば、
まずは私自身が良い人生を送る必要がありますね。

今の自分は過去の自分が作ってきたもの、そして、
未来の自分は今の自分が作っていくもの。
だったら、今を楽しまないと、未来も楽しめないと
いうことになりますね。

今日から1440分、毎日笑顔で過ごせるように
周りの良い面を見つけるようにします

テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

 | HOME |  »

Calendar
« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Plofile

apoa

Author:apoa
新築、店舗設計施工、エクステリア、ガーデンニングの設計施工をしているアポアです。自己啓発や店舗デザインの紹介、お店の運営状況をレポートします。新築リフォームページhttp://apoastyle.com/店舗設計施工http://apoa.tv/ガーデンエクステリアhttp://apoa.bz/全体紹介ページhttp://apoa.jp/

Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Monthly
Categories
RSS Feed
Link
QR code
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

APOA+オフィシャルリンク
  • Kyo Style トータルプロデューサー 浜田強ブログ
  • APOA+blog
  • WebShop
  • APOA

↑このページの先頭へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。